タイトル 子どもの発達支援を考えるSTの会
メインイメージ
   子どもを対象とするSTの仲間づくり   

親子の初期のコミュニケーション改善を手助けし
その後のしあわせな人生の基礎をつくるために
役に立つ職種としてSTが認知され
質・量ともに広がる一助になりますように

子どもの発達支援を考えるSTの会研修会 2015 in 気仙沼
※ 終了しました


■新入会員申し込み再開について■

オンラインでの申し込みを再開いたしました。
「子どもの発達支援を考えるSTの会」としての入会希望の方はオンラインの申し込みにをご入力の上、入会申し込みをおこなってください。

※申し込み後に入会が承認されましたら事務所より案内が届きますので入会金と年会費をお支払いください。


Gmailのアドレスにメーリングリストの
メールが届かないときの設定方法(会員専用ページ)
new

変更届オンラインフォーム

東日本大震災支援活動報告


line
新着情報
設立趣旨
入会案内
メーリングリスト
メーリングリスト
 
子どもの発達支援とST  
資料 
 
   
 
会員専用
「子どもの発達支援を考えるSTの会」とは
  保健所・療育機関・相談機関・病院などで子どもの発達支援に
  かかわるSTたちが、お互いの知恵やノウハウを共有するための
  “ひろば”です。2002年に活動開始しました。(代表:中川信子)

活動内容
メーリングリスト(ML)による情報や意見の交換。
◆ 研修会の開催、会報を発行。
   「子どもの発達支援」「障害受容をめぐって」「生活の中での支援
   「子どものSTとして知っておくべきこと」「人のコミュニケーショ
   ンとその周辺」「子どもの発達と共同注意」「発達障害の早期支援」
   などをテーマに研修会を行い、会報を発行してきました。

会員
言語聴覚士のほか、ST養成校在学中の学生、各地の「ことばの教室」の先生など。
2016年5月1日時点の会員数は821名です。

会員のメリット
仲間ができる  子ども対象のSTは、非常勤で、ひとりぼっちで、仕事をしていることが多いものです。このMLで、仲間を見つけてください。
素朴な疑問 日常業務上の分からないことや迷うことを投稿すると、誰かが答えてくれます。
転居の際の受け入れ先探し 担当する子どもが転居するとき、転居先の地方に受け入れてくれる機関があるかどうかをMLに投げかけると、近くの会員から情報が寄せられます。この場合には、プライバシー保護のための「中継ぎ」という仕組みをご利用下さい。
本や研修会情報 お勧めの本や、子ども関連の研修会・講習会の案内が随時掲載されます。
会の関係者の著書を割引価格で手に入れることができます。
保護者との対応が学べる 子どもの指導はできても、保護者とどう対していいか悩む若いSTが少なくありません。このMLは新人からベテランまで参加しているので、いろいろな経験やヒントを聞くことができます。

会費は?
入会費  1000円 年会費は3000円

問い合わせ・申し込み
☆  「子どもの発達支援を考えるSTの会」事務所
    〒292-0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3
    Tel & Fax 0438-30-2488

 ◎リーフレットのダウンロード (PDFファイル 約136KB・A4サイズ)



line

☆☆☆ お願い ☆☆☆

◆この会はSTだけの会ですが、教員、研究者、歯科医師など、他種職の方にも例外的に入会していただける場合もありますので、メールでご相談下さい。

◆各地の療育・相談機関を紹介する業務は行っておりませんので、日本言語聴覚士協会のHPから施設検索を行ってみてください。

 ※ST=Speech Therapist。 厚生省管轄の国家資格名は「言語聴覚士」。


▲top

メールイメージ
メールはこちらまで
office@kodomost.jp


子どもの発達支援を考えるSTの会
〒292-0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3
Tel & Fax 0438-30-2488